そんなにまずくないけど念のため

【解説】「なくした"人生の一部"を取り戻せ」――オープンソースのノートPC追跡ソフト「Adeona」が完成。MacBookだとiSightが付いているので、with photo enabledのバージョンを入れてみた。使い方が分かっていないといざという時に役に立たないので、メモっておく。

Readme.txtからMac OSのセクションを抜粋。

インストールと初期化
Adeonaシステムをインストールするには、


  1. adeona-osx.dmgアイコンをダブルクリックしてディスクイメージ(.dmg)をマウントする

  2. パッケージアイコンをダブルクリックする。インストールの残りの手順と初期化処理をガイドするインストーラが起動する。

インストーラが行うのは以下:


  1. Adeonaプログラムとファイルを/usr/local/adeona以下にインストールする。Adeonaの捜索ターミナルが/Application/Adeonaにインストールされ、Spotlightを使えば簡単に見つけることができる。

  2. Adeonaの初期化プログラムが実行され、位置を発見するための証明書(location-finding credential)を保護するためのパスワードを要求する。

  3. launchdのジョブをインストールし、Adeonaクライアントを起動し実行し続ける。

  4. adeona-retrievecredentials.ostのコピーをデスクトップに作成するので、バックアップをするのを忘れずに。

Adeonaクライアント
AdeonaクライアントはMac OS Xのプログラムであるlaunchdによって実行し続けられる。Adeonaクライアントのplist(訳注:Mac OS Xの設定ファイル)ファイルは/Library/LaunchDaemons/edu.washington.cs.adeona.plistにインストールされる。

もしクライアントを停止したければ、ターミナルで以下のようにコマンドを実行する。

$ sudo launchctl stop edu.washington.cs.adeona
$ sudo launchctl unload /Library/LaunchDaemons/edu.washington.cs.adeona.plist

*もしunloadしなければ、launchdはクライアントを実行し続ける。

もしクライアントを手動で実行したければ、ターミナルで以下のようにコマンドを実行する。

$ sudo launchctl load /Library/LaunchDaemons/edu.washington.cs.adeona.plist
$ sudo launchctl start edu.washington.cs.adeona

捜索
位置を見つけるには、


  1. ApplicationsにあるAdeonaフォルダを参照する。

  2. adeona-retrieve.termアイコンをダブルクリックする。ターミナルウインドウが実行され、捜索処理がガイドされる。

注意:もし手動で捜索を行いたければ、Linux用の手順書に従うこと。あるいは、ターミナルで以下のようにコマンドを実行する。

$ /usr/local/adeona/scripts/adeona-retrieve.sh

つまり、捜索する際にはクライアントをインストールしたマシンはもちろん無いわけだから、クライアントをインストールしたマシン以外にもAdeonaをインストールしておかないとならないわけだ(当然だけど)。

なので、MacBookを2台持っていればともかく、そうでないなら他のOS(Linux/Windows)から捜索する方法を知っておかないとまずいかも。