そんなことないんだけどな

不機嫌な Mac。Apple製品に関しては運が良いのか「よく故障する」というイメージは全く無いんだよね。周囲には「壊れやすい」というイメージを持っている人が少なからずいるんだけど、使い方によるのか、この文にもあるように(主に)第二世代を買っているからなのか。

1994年のPowerMac7100からなので15年間、Appleユーザなんだが、実はその最初のPowerMacがひどかった。何せ新品で購入したマシンが自宅で電源を入れたら画面が表示されなかったんだから(笑
結局ビデオカードの故障と診断されて一度は直ったものの1週間後ぐらいにまた故障。今度はマザーボードごと交換することになった。

その後購入したのは、PowerMac9600、iMac初代、PowerBook G3/G4、MacBook(intel) x 3、Mac Mini x 2だけれど、故障というとPowerBookのキーボードが割れた(これは自分が悪い)、MacBookの画面が映らなくなったといった程度で、故障率は決して高いとは言えないと思う。

あと、ポータブル系は取り扱いが雑な人は壊れやすくなると思う。例えば、ホコリがたまっても放置している場合、単に汚らしいということではなくて、冷却性能が落ちるわけだから、部品の耐久性が著しく短くなるはず。元記事にあるiMacのHDDが壊れる理由は、その辺にあるんじゃないかな、と。

コメント

タイトルとURLをコピーしました