火災報知器を付けないといけないらしい

未分類

千葉県は6月1日から火災報知器の設置が義務化されたので、寝室と階段には「けむり当番」を、キッチンには「ねつ当番」を設置した。
取り付けそのものは非常に簡単だけれど、自分でやるなら石膏ボードの裏にある木質の補強材を見つけないと、付属の木ネジだけだと固定できないはず。うちには新築した際にもらった下地探知機があるので、それで石膏ボードを固定している木ネジを探して、その「列」を見つけて補強材に報知器の木ネジが刺さるようにした。

これ、業界団体が政府に働きかけたのかなぁ、特需だと思うんだよね…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました