偏差値「も」使えっての

絶対評価:「5」にばらつき 学校間格差、最大45倍。文部科学省っていう頭の悪い(not 成績の悪い)人たちの集まっている役所が言い出した偏差値からの脱却ってのが、無理な話だってことがよく分かる事例。一番迷惑を被っているのは公立中高の先生じゃないかな、進学指導する際の客観的な評価基準が無いわけだから。
進学指導の基準が偏差値だけじゃいけないけれど、それを言うなら「皆学(かいがく)」状態になっている日本の教育がおかしいわけで。ドイツみたいに徒弟制にしたって良いわけだし。学問をしたいやつ同士を偏差値で比較することに何ら悪いことは無いのよ、学問する力を比較しているわけだから。ただ、それを「仕事が出来る」とかそういうことと混同するからおかしいわけで。

ちなみに私の住んでいるあたりでも学力の地域間格差はとても大きくて、新興住宅地であればあるほど一般的には学力が高いのね。あー、批判は甘んじて受けるけど、事実なんだからしょうがない(笑)。それが良いとか悪いとかじゃなく、単なる選択の問題だと思うし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました