まだまだいけるみたいだ

リーク電流問題はこれで解決か?、Clemson大が新high-kプロセス開発。既にhigh-kはIntelとかが使っているプロセス技術だけれど、さらに10nmまで見通しが立ちそうってことか。45nmから10nmまでプロセスが縮小されると、1つのウェハーからとれるCPUは単純に20倍になる計算だと思うけれど、これが間違ってなければまだまだCPUは安く、高性能になる可能性があるってことだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました