自分の国のことを

暮らし・小学校に英語教育を導入〜小さすぎる一歩〜。記事の主旨はもっと外国語教育をやれということなんだけど、そういうことじゃない。自分や自分の国のこと、つまりアイデンティティを持たないとか、哲学を持たないことの方がより大きな問題で、外国語を学ぶ前に母国語や母国の歴史について正しく学ぶべきでしょう。それが世界で通用しないことの原因かと。
しゃべれなくても石井はメジャーで通用してるじゃん。野球という共通の言語がしゃべれるからとも言えるけど、コミュニケーション能力というのは単純にその言葉が出来るかどうかだけではないのだけれど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました