デフラグしたら速くなったぞ?

MacDTVのデフラグはMac OS Xで必要?という記事を読んで、最近MacBookの動作が遅くなってきたのはフラグメンテーションかもと思い当たり、デフラグをしてみようかなと思ってiDefragをダウンロード購入してデフラグしてみた。Appleの言い分が正しくないことを知った…。特にParallels DesktopとVMWare Fusionの仮想ディスクのファイルや、iVISから取り込んだファイル、あるいはネットワーク経由でダウンロードした大きなファイルはどうしてもフラグメンテーションが発生するので、デフラグの効果が大きいように思える。確かにHDD上にギガバイトを超えるファイルがゴロゴロある状況は、Appleの想定を超えているようにも思えるな…。

ちなみに200GB/7200rpmのHDDをデフラグするのには一晩かかるので、寝る前にかけるのが吉かと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました