Azure AD B2CのCLIでのデプロイ

公式ドキュメントも含めて、Azure AD B2Cのデプロイ手順ってなんでスクリプト一発じゃなくてAzureポータルの例しか無いんだろ?と思ったら、Azure CLIがサポートしてないから、みたいだね。

で、探してみたらPulumi Registryにあって、Pythonとかからイケるっぽい。

import pulumi
import pulumi_azure_native as azure_native

b2c_tenant = azure_native.azureactivedirectory.B2CTenant("b2cTenant",
    location="United States",
    properties=azure_native.azureactivedirectory.CreateTenantRequestBodyPropertiesArgs(
        country_code="US",
        display_name="Contoso",
    ),
    resource_group_name="contosoResourceGroup",
    resource_name="contoso.onmicrosoft.com",
    sku=azure_native.azureactivedirectory.B2CResourceSKUArgs(
        name="Standard",
        tier="A0",
    ))

どこまで自動化出来るのか分からんが、Azure Python SDKを叩くのに比べればかなり楽かなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました